関西家庭医療学センターの

総合診療・家庭医療学専門医コース

取得に4年を要するのが一般的な日本専門医機構認定「総合診療専門医」資格を3年で取得できるプログラム

+1年で日本プライマリ・ケア連合学会認定「家庭医療専門医」も取得できます

図1.png

家庭医養成で長年に亘り確かな実績をあげているHCFM所属の指導医、松井善典医師がプログラム責任者として研修全体をプロデュース。


4年間で家庭医に必要な症候・疾患の知識・技術+臨床推論の土台を作りながら、「家庭医・病院総合医として生きる(=生涯働き続けられるためのアイデンティティ形成)」ことを学びます。

図1.png

京都の中小病院、大阪の大病院、滋賀の診療所での研修を組み合わせることで、多種多様な症例を、様々な規模・役割の医療機関で経験することができます。

浅井東診療所

浅井東診療所

長浜市野瀬町828番地 ※米原駅から車で約30分 僻地~郡部に位置する家庭医療診療所(北海道家庭医療学センターが運営)において、小児〜高齢者までの予防から在宅看取りまでの包括的な医療、地域に広がる活動や多職種連携を深く学ぶことが可能です。また同時に家庭医療学の理論的基盤や生涯学習、EBMなど、家庭医・総合診療医としての学び方、生き方の基礎を身につける研修が特色です。

金井病院

金井病院

京都市伏見区淀木津町612-12 ※京都駅から電車で約40分 151床 京都市伏見区の静かな町に位置する地域中小病院において、コモンディジーズを中心とした総合診療(家庭医療外来、1次・2次救急、臓器別でない内科疾患の入院診療、在宅医療、小児の外来、女性医療、予防医療)を多角的に経験することができます。家庭医療外来では家庭医療専門医による指導があり、病棟では入退院調整やチーム医療・多職種連携を実践します。また、特色ある地域ヘルスプロモーション活動(住民講演会やウォーキングイベントなど)への参加を通じ、中小病院を基盤とした地域活動を経験していただきます。

大阪赤十字病院

大阪赤十字病院

大阪市天王寺区筆ケ崎町5番30号 ※鶴橋駅から徒歩7分 964床 病床数1000床を有する都市部大病院において、救急・内科・小児科そして他科での選択研修など、診療所、中小病院のいずれで勤務する上においても必要な救急・内科・小児科の専門的な知識と技能を身につけることが可能です。また、大病院での経験を活かすべく、毎月のレジデントデイなどの家庭医療の教育セッションを通して、紹介や病診連携の際に家庭医・総合診療医としてどう役立てるかについても指導医と共に省察し、学びを深めていきます。

​1年次:金井病院

中小病院の家庭医療外来・総合診療病棟で、包括的な外来・病棟の経験を積みながら家庭医療面接の基礎、病棟での多職種連携、訪問診療での基本的なケアを習得します。
またヘルスプロモーション活動への参加から、地域・コミュニティをケアする重要性の理解も重視します。

​2年次:大阪赤十字病院

病棟研修を中心に1年次に経験した金井病院での経験を振り返り、自身の将来を見据えた学習ニーズを踏まえながら、各科の専門的知識を踏まえて多疾患合併で診断や治療プロセスに困難さがあったり、患者を取り巻く背景も疾患に影響したりしているような複雑な健康問題に対しても的確なマネジメントができることを目指します。

​3・4年次:浅井東診療所

外来・訪問診療を中心に僻地診療所における包括的なケアを経験し、家庭医療面接の応用編、訪問診療にて継続性による学び、多職種連携の習得を目標とします。
同時に乳幼児健診や介護認定審査会、地域での様々なイベントの参加などの地域のニーズを踏まえた公式・非公式の保健・医療・介護・福祉活動に取り組みます。
さらには、学生や多職種に対して簡単な指導ができることを目標とします。

修了時

診断や治療プロセスが困難で、かつ患者を取り巻く背景も複雑な健康問題に対して、1年次に経験した金井病院と2年次に経験した大阪赤十字病院の双方のセッティングの違いを理解しながら、医療機関の役割や地域特性を踏まえた的確なマネジメントを提供できることを目標とします。